西洋医学と気の医学

  1. トップ
  2. 西洋医学と気の医学

気の医学とは?

脳細胞気功療法(戸田気功療法)は、気の医学の概念を、脳梗塞の気功療法(西洋医学的には治療)に応用して開発された治療方法です。気の医学は一般的な気功とはまったく異なる新しい医学のジャンルです。気功と名称が似ているため、一見同じようなものだと思われるでしょうが、治療方法などはまったく異なります。「気の医学」で示される「気」は病を癒す気であり、日本では古くから自然に行われていた「手当て」に通じるものがあります。医学のない時代、人は患部に手を当てることで治療を行ってきました。それが続けられてきたということは、人の手を介した「気」の効果を実践していたからに他なりません。それを基礎として東洋医学などの医学が生まれ、最終的に科学を応用した医学が生まれてきたのです。それが西洋医学です。

西洋医学と合わせて行うことでより効果を発揮します

気の医学は、西洋医学と併行しておこなうことで、最大の効果をもたらします。実際に、いくつかの大学病院などでは、通常の治療に脳細胞気功療法(戸田気功療法)を取り入れており、脳梗塞の患者さんに対し、共同で気功療法を行っています。入院している患者さんに対し、検査や手術などで治療を行い、その合間に定期的に気功療法を行うことで回復が早まり、効果を上げています。気の医学は、れっきとした「医学」の一種なので、医学界でも徐々にその効果と治療法が認められつつあります。

リハビリにも効果的

また脳細胞気功療法(戸田気功療法)は、リハビリとして行うことにも効果があります。通常、リハビリの訓練は悲鳴の連続です。痛み、苦しみがあるのは当然かもしれませんが、周りが見ていられないほどつらいものです。しかし、固まってしまった体を元通りにするためには、強制的に体を動かすしかないのです。そのリハビリと同時に、脳細胞気功療法(戸田気功療法)を行います。リハビリ方法は、マッサージなどによるリハビリではなく、脳細胞気功療法(戸田気功療法)で頭と後遺症の働きを活性化させ、苦痛を軽くするのです。痛みはなく、また場所を選ばないのが大きなメリットです。リハビリに対して恐怖心をもち、かまえることなく、リラックスしてリハビリを行うことができるのです。

予防治療としての応用

また、予防治療としても効果があります。「病は気から」という言葉があるとおり、病気は自然の気によって起こり、自然の流れに逆らうことなくその人に発するのです。気が原因である以上、治療は気で行うのは自然な道理です。脳梗塞のリハビリや治療は、脳細胞気功療法(戸田気功療法)で可能ですが、やはり未然に防ぐことができれば、それがもっとも幸せなことなのです。

西洋医学、東洋医学、そして気の医学、それぞれの得意分野を活かし、助け合うことで、医療の可能性は広がり、脳梗塞は誰もが恐れることのない病気となるのです。

ご相談はこちらから