脳梗塞とは

  1. トップ
  2. 脳梗塞とは

脳梗塞はなぜ起こるのか

そもそも脳梗塞はなぜ起こるのでしょうか?それは、血管、血流などに問題がある場合をはじめ、薬の副作用や、他の病気の合併症として発生したり、また遺伝や細胞の突然変異によって起こることがあります。さらに体質や、食事、運動、睡眠、アルコールなどの生活習慣も要因となります。生き方や性格の問題などから生じるストレスや興奮、感情的になりすぎることなどに起因する場合もあります。その他、気候や環境が要因になることもあります。年齢と共に高まりますが、赤ちゃんにもなるのです。

この前兆が出たら要注意

脳梗塞には、主にこのような前兆が現れます。
もし、わずかな兆候でも、突然発作が起こることもあります。

  • ふらふらする
  • まっすぐ歩けない
  • 片方の手足のしびれ
  • 言葉がでなかったり理解できない
  • 一時的に片方の目が見えなくなる
  • 物が二重に見える
  • めまいがする
  • 頭痛
  • ボーとする
  • ろれつが回らない
  • つまずく
  • 首が痛い
  • いつもと違う話し方
  • 起き上がれない
  • 物をスーと落とす
  • 気持ちが悪い
  • 頭が熱い・・・など

倒れるのを防ぎ、更に脳梗塞発症後の後遺症や障害を引き起こさないために、前兆が現れたらおこしください。

脳梗塞は防ぐことはできない?

脳梗塞が起きるのは、動脈硬化などによって血液が流れにくくなって、さらに血管が詰まるところまできてしまうからです。そして心臓の病気によって血栓がはがれ、脳血管が詰まって起きます。また、高血圧さらには低血圧でも起きます。サラサラした血液でも起きます。そして、酸素量が減り、不足した場合でも起きます。さらには血液量が減り、不足により脳梗塞が起きます。要するに怖いのは、脳が壊死状態になることが脳梗塞なのです。死んだ脳は再び生き返りません。ですから、いろいろな障害が発生するのです。それゆえに、脳梗塞の発作が出ると、たいへんな痛みや苦しみが伴います。その影響で卒倒してしまうのです。

脳梗塞は突然発生するのが特徴です。また、脳梗塞・脳出血は子どもにも起こります。くも膜下出血に見舞われると、一晩うなって翌日には脳死状態になることもあります。脳卒中にはこの三種類がありますが、いずれも急に襲いかかってきます。場合によっては亡くなることもあり、たとえ一命をとりとめたとしても、倒れてしまうと後遺症が残ります。その為にも予防法が必要なのです。

一番大切なことは、早期に発見してもらい、早めに治療を受けることです。倒れないようにすることが本当の治療方法です。

脳梗塞は、本当は良くなるもの

お医者様に「いつ倒れてもおかしくない、寝たきりになります」と言われたときは、悲しいことですが、そこが西洋医学の限界でもあり、症状を軽減することはできても、完全に治ることはないといっていいでしょう。しかし、壊死していない脳梗塞を「消す」ことが出来るのはご存じでしょうか。これは医学的には不可能だということです。私、戸田は不可能を可能にしたのです。

それから、既に脳梗塞になってしまった方の中には、これまでどんな治療をしても完全に治ることがなく、つらいリハビリに耐えてきたという方も数多くいらっしゃるでしょう。

当サイトでは、脳梗塞の痛み、苦しみから皆様を救うための、画期的な治療方法を紹介します。これまで絶対に治ることはないとあきらめていた患者さん、またそのご家族に是非知っていただきたい治療法です。

ご相談はこちらから