脳梗塞が消える?
新しい治療法

  1. トップ
  2. 脳梗塞が消える?新しい治療法

脳梗塞が「治る」のではなく「消える」

ストレスの多い現代は、脳梗塞などの現代病の話題であふれています。それほど脳梗塞の危険性について世の中の関心が高まってきた証拠です。テレビや雑誌など、マスコミによっても頻繁に脳梗塞についての特集が組まれていますが、「脳梗塞が治る」という情報を耳にすることはあっても、「脳梗塞が消える」という情報はひとつもありません。

「治る」というより「消える」というほうが症状がより改善したということになります。

脳梗塞が治ると言っても本当は治っていないのです。というのも、西洋医学の先生も「脳梗塞には治療法がありません」というコメントをしていました。

たまに、「治ったと医者から診断されたので退院した」という方もいらっしゃるでしょう。しかし、治ったことと消えたことは全く意味が違います。もし治療が終わり、治った状態で退院したのであれば、再び病気になることは絶対にないはずだと思うでしょう。しかし、退院してみて家に着いてみたら、すでに病人のような顔をしている…といったケースもまれではありません。それは、薬で症状を抑えているだけに過ぎず、完全になくなったわけではないからです。

つまり、それが医学における「医学の限界」だったのです。

「一度脳梗塞になってしまったら、もう完全に健康な体は戻ってこないのだろうか…」
「ずっと痛みまたは苦しみと共に人生を過ごさなければならないのだろうか…」

その不安とたたかっている方、また支える家族の方に、知っていただきたいのは、脳梗塞は「消す」ことができるということです。しかし、これには条件があります。それは脳細胞が残っている方です。脳梗塞がたくさんあっても、壊死していないところは、消える可能性があります。

消えた脳梗塞・消えない脳梗塞

どういう脳梗塞が消える?消えない?

脳梗塞は消すことが、非常に大事だと言う事が分かりましたね。
ガンでいえば、初期段階です。脳梗塞も全く同様、この初期段階が障害者になるかどうかの「境目」です。

この治療方法は、道具は一切使っておりません。私の手のみで、脳梗塞は完全に消えました。

検査もリハビリも必要ない、脳梗塞の新しい治療法とは?

例えば、手術によって病巣を強制的に摘出することは、メスで「取る」ということで、すなわち「治った」というわけではありません。摘出して治したということです。「消える」ということは自然になくなってしまったということです。これは、「気の医学」に基づいた治療方法以外では考えられない効果です。それは、脳細胞気功療法(戸田気功療法)を行うことで、脳梗塞の病巣を完全に「消す」ことができるのです。

脳細胞気功療法(戸田気功療法)は、脳梗塞による痛みを取り去り、脳梗塞の病巣を「消す」治療方法です。脳梗塞をはじめとする、西洋医学では不可能と言われてきた脳腫瘍、ガン、心筋梗塞、心不全などさまざまな病気に効果があります。気功により患者さん自身の自然治癒力を高め、病気を内側から消すためのお手伝いをする脳細胞気功療法(戸田気功療法)は画期的な治療方法です。

脳細胞気功療法(戸田気功療法)には、検査もリハビリも必要ありません。必要なのは、患者さんの「本来の自分の体に戻りたい!」という気持ちなのです。


ご相談はこちらから