薬の副作用、後遺症

  1. トップ
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 薬の副作用、後遺症

薬の副作用、後遺症

薬の副作用、後遺症

 最近、薬の副作用、後遺症の話を耳にすることが急激に増えてきました。

マスコミではあまり報道されていませんが、患者さんから聞いた話ではどうやら想像以上に深刻な状況のようです。軽い症状から重い症状まで色々ありますが、中でも一番深刻な症状は実は「倦怠感」です。倦怠感と聞くと、大したことない、気のせいだ、やる気がない、しっかりしろ、などと実態を知らない多くの方は軽く考えているのではないでしょうか

 ところが、当の本人にしてみればとても大変な問題なのです。

今まで普通に生活していたのに、突然、原因不明の倦怠感に襲われることが、大変な問題なのです。そして、周りの人にその辛さを理解してもらえないのです。

 具体的に、どういうことがおきているかというと、要するに、日常生活ができなくなるということです、ある日、突然、倦怠感に襲われ、体が動かなくなり、仕事を休みがちになる。そしてそのまま日常生活も困難な状態になってしまう。箸を持って茶碗を持つことさえできない。自分でご飯さえ食べられない。顔を洗うことさえできないのです、そして歩くことさえできない、トイレに行けない、最終的には若くても「オムツ」をすることになります。

 若い方でも、中高年の方でも、お年寄りの方でも、年齢に関係なくオムツをしたり杖をついたりする、残酷な世の中になってしまいました。原因不明の倦怠感は、気功療法の得意とする分野です。病院や薬で効果を感じない方、また、周りにそのような方がいらした

ら、一度、私の脳細胞気功を受けてみませんか。お役に立てるかもしれません。